「めがねを外して見た景色」は、

かるがも団地のめがね担当 日野林が

日々ぐるぐると考えていることを

短歌と文章で綴るエッセイです。

本文はnoteで読めます。写真をクリック!


第13回

ステーキを最初に全部切りわけるあなたはきっと長生きをする

2018/09/10

第12回

「剽窃」が読めずつかえる上野くん 2-D読書マラソン8位

2018/08/30

第11回

弟よ 目覚まし時計を銀紙でくるめ夏休みの始まりだ(穂村弘)

2018/08/15

第10回

6号車 夢を語らう青年はビニール傘を2本持ってる

2018/07/19


第9回

曾祖母は孫の名をのみ繰返し、曾孫のわれは通行人A

2018/07/16

第8回

すれ違う小学生が口遊む知らない歌に「さだめ」という詞

2018/06/28

第7回

何人目のクローンだろうまろやかな頬にキスするサイゼの天使

2018/06/24

第6回

サマーウォーズが一番好きとか言っちゃって、6月だからよ、すぐに変わるわ

2018/06/14


第5回

街頭に登れば夜は君のもの 生き残りとは孤独な王子

2018/06/10

第4回

真っ青のポロシャツ、ジーパン、白い靴 ハローマイプリンセスわたし

2018/05/31

第3回

君からの手紙を刻んで呑み込んでわたしの血となれ肉となれ

2018/05/25

第2回

嘘つくし虫殺したしカップ麺大好きだから天国に行けない

2018/05/17


第1回

3mmのガラスの板が結ぶ像 わたしのせかいはぜんぶにせもの

2018/05/09